PAGE TOP
お知らせ
2016.02.26
国際優秀つばき園に認定されました!

2016.01.22
第61回伊豆大島椿まつり開催!(2016年1月31日~3月21日)

2016.01.22
伊豆大島の椿図鑑がオープンしました!

大島の椿園

「東京都立大島公園」「伊豆大島椿・花ガーデン」「東京都立大島高校」の3園は、世界的に権威のある国際ツバキ協会(ICS)の認定する優秀な椿園に与えられる「国際優秀つばき園」に認定されました。このサイトでは3園で見ることのできる椿をご紹介しています。3園では、およそ1,500種類の椿を見ることができます。
 

伊豆大島について

伊豆大島は東京から約120Km南、伊豆半島東側沖合から約30㎞に位置する伊豆諸島最大の島です。独自の自然景観から国立公園に指定され、ダイビングやトレッキングなど美しい自然を楽しむことができます。また、多くの椿が咲き誇り、“椿の島”としても知られています。毎年、1月末~3月後半まで伊豆大島最大のイベント「大島椿まつり」が開催されています。


椿検索園の紹介
伊豆大島の椿

伊豆大島の椿は種子から油をつくるために栽培されてきました。 椿油の効果は賞賛されており、髪を守るトリートメントやスキンケア化粧品として 多くの女性に使われていました。また、椿油は料理用の油としても有名です。 大島へ旅行すると、魚介類や野菜を椿油で揚げる“椿フォンデュ”を楽しむこともできます。 椿油以外にも様々な用途があり、硬い木質のため、木工品や木炭としても使われてきました。 さらに、椿油の搾りかすは、燃料や肥料としても使うことができます。